ポイント還元率の高いクレジットカード9枚を厳選紹介!高還元率カードを選ぶコツは?

ポイント還元率が高いクレジットカード

ほとんどのクレジットカードには独自のポイントサービスがあり、ポイント還元率の高いクレジットカードを選ぶことでお得に買い物ができます。

一般的なポイント還元は200円につき1ポイントですが、100円につき1ポイントを付与する高還元率クレジットカードも。

ポイントを効率的に貯めるには、還元率1%以上のクレジットカードを作りましょう。

ポイントアッププログラムを利用して2~20倍アップさせる裏技を使えば、ポイントを一気に稼ぐことも可能です。

自分が使いやすそうなクレジットカードを見つけて、お得にポイントを貯めましょう。

本記事では還元率の高いクレジットカード9枚と、高還元クレカの選び方のコツ、お得に買い物をするための注意点をまとめました。

目次

ポイント高還元率のクレジットカード6選を紹介

ここではポイント還元率が1%以上のクレジットカードをメインに6つご紹介します。

還元率0.5%のクレジットカードもありますが、幅広い優待を受けられたりポイントの活用をしたりしやすいので、高還元率クレジットカードに劣りません。

JCBカードWの券面画像
JCB CARD W
エポスカードの券面画像
エポスカード
楽天カードの券面画像
楽天カード
三井住友カードの券面画像
三井住友カード
リクルートカードの券面画像
リクルートカード
オリコカードの券面画像
Orico Card THE POINT
年会費 永年無料 永年無料 永年無料 永年無料 インターネット入会で初年度無料
2年目以降1375円
永年無料
通常還元率 1% 1% 0.5% 1% 0.5% 1.2%
ポイントアップ ・入会後6カ月間は2%
・オリコモール経由での買い物で最大3%
・電子マネー(Suica、ICOCA)利用で0.5%
・優待店の利用で3~20倍
・入会後3ヵ月は4倍
・Okidokiランド経由で最大20倍
・エポトクプラザ優待サイト経由で2〜20倍 ・楽天トラベルで最大2倍
・優待店で2倍~
・楽天市場で最大3倍
・インターネット入会で初年度無料
・2年目以降1375円
・じゃらんでの宿泊予約で3.2%
・ポンパレモールでのお買い物で4.2%
申込

優待店やモール経由でお買い物した際にポイントがアップするため、自分がよく利用する店やモールが対象になっているとお得にポイントがためられます。

ポイントアップ対象店を調べてからクレジットカードを作るようにしましょう。

「JCB CARD W」は新規入会特典でポイント還元率アップ!

JCBカードWの券面画像

JCBオリジナルシリーズの中でも、JCBカードWは常にポイント2倍になる高還元率カードです。

JCBカードW以外のJCBカードは、1,000円につき1ポイントの付与ですが、JCBカードWのみ1,000円の買い物で2ポイントが付与されます。1ポイントあたり約5円で還元できるため、1,000円買い物したら10円分のポイントがもらえる計算に。

新規入会特典として入会後3ヶ月間はポイントが4倍に跳ね上がり、1,000円買い物したら20円分相当のポイントがもらえます。

優待店で買い物するとボーナスポイントが加算され、さらにポイントが貯まりやすくなります。

よく利用する店舗を例にポイント倍率をまとめました。

新規入会特典なし 新規入会特典あり
セブン-イレブン 5倍 7倍
スターバックスコーヒー 12倍 14倍

スターバックスコーヒーで1,000円支払いすると、新規入会特典なしの場合には60円分のポイント、新規入会特典ありでは70円分のポイントがつきます。

還元率で考えると7%となるため、新規入会特典を使わない手はないですね。

JCBカードWを作る前に買いたいものをリストアップしておき、入会後3ヶ月以内にまとめて購入すると最もポイントが貯まります。

「エポスカード」は様々な店舗でポイント還元率が優待される

エポスカード

エポスカードは通常の還元率が0.5%と低めですが、ネットショッピングサイト「たまるマーケット」を経由すると、ポイントが通常の2倍(還元率1%)以上になります。

楽天市場の一部のショップで買い物するとポイントが最大30倍になり、還元率は15%にまで上昇。

提携飲食店やカラオケでは最大5倍、エポスカードの会員用サイト「エポトクプラザ」経由でホテルや旅行の予約・支払いをすると最大6倍など、幅広いジャンルでポイント特典を受けられます。

ポイント以外にも下記の優待が受けられるのも特徴です。

  • 海外旅行傷害保険(最高500万円)
  • 飲食店で飲食代10%オフ
  • 遊園地の入場料割引
  • カラオケのルーム料金割引など

うまく活用すれば他社の高還元率クレジットカードに負けないサービスが受けられますよ。

「楽天カード」はサービスの併用でポイント還元率が脅威の3%に

楽天カード

楽天カードは通常ポイントがすでに還元率1%と平均よりも高いですが、楽天市場や楽天ブックスを利用すると還元率が3%以上に達します。

毎月5と0の付く日には楽天市場で全ショップ対象のポイントアップキャンペーンが行われ、エントリーして楽天市場で買い物するとポイントが5倍に。

SPU(スーパーポイントアップキャンペーン)時なら3~16倍にもなります。

おサイフケータイ対応機種で「Edyでポイント」に登録すると、楽天ポイント加盟店を利用した際に楽天Edy支払いで還元率1.5%に。キャンペーン期間中なら2%もらえます。

貯まったポイントは楽天市場でのお買い物に使ったり、楽天Edyに10ポイント以上1ポイント単位でチャージ、または楽天証券でポイント投資するなど、幅広い使い道があります。

「三井住友カード」はコンビニやマクドナルドでポイント還元率アップ

三井住友カード

三井住友カードは、インターネット入会に限り初年度は年会費無料。2年目以降は年会費1,375円が毎年かかります。
※三井住友カードNL(ナンバーレス)なら年会費は永年無料です。

通常のポイント還元率が0.5%と低く、200円の利用で1ポイントしか貯まりません。

しかし大手コンビ二3社(セブン-イレブン・ファミリーマート・ローソン)とマクドナルドでの利用時は、ポイントが5倍にアップ。還元率が2.5%に上がります。

毎日のようにコンビニやマクドナルドを利用する人にとっては、三井住友カードの還元率2.5%は魅力的。

もし毎日コンビニやマクドナルドを利用する場合、1ヶ月間で750ポイント、1年間で9,000ポイント貯まる計算に。

仕事帰りにコンビニに寄ったり、休みの日にマクドナルドで食事を済ます人は多いはず。

支払うたびに2.5%ポイントが付くため、年会費1,375円分の元があっという間に取れてしまいます。

「リクルートカード」はポイント還元率1.2%の高還元率が魅力

リクルートカード

年会費無料のクレジットカードでは還元率が1%でも平均より高いですが、リクルートカードは1.2%と他社を引き離す高いポイント還元率を誇ります。

リクルートの系列である「じゃらん」で宿泊予約すると3.2%、「ポンパレモール」で買い物すれば還元率は4.2%にアップする特典も。

貯まったポイントはPontaポイントに交換する以外に、下記で使用できます。

  • じゃらん
  • じゃらんゴルフ
  • ポンパレモール
  • ホットペッパーグルメ
  • ペッパービューティー
  • Oisix

Pontaポイントに交換すればポイントの使い道は広がりますが、リクルートポイントそのままでは使える範囲がそこまで広くないのがデメリット。

リクルートのサービスをよく利用する人に最適です。

リクルートポイント・Pontaポイントともに有効期限が最終獲得月から1年なので、期限切れに注意しましょう。

「Orico Card THE POINT」の新規入会で半年間ポイントの還元率が2%になる

Orico Card THE POINTの券面画像

Orico Card THE POINTは通常でもポイント還元率1%と高い数値ですが、新規入会から半年間は2%にアップします。

Amazon・楽天市場・Yahoo!ショッピングでの買い物でもポイントが貯まりますが、ネットショッピングサイトによって還元率が違います。

  • Amazon 2%
  • 楽天市場2.5%
  • Yahoo!ショッピング3%
  • オリコモール15%以上

普段のネットショッピングでオリコカードを使えば、ポイントをためやすいのが利点です。

貯まったオリコポイントの交換は500ポイントからなので、大手ネットショッピングサイトで買い物をするのが好きで、すぐに500ポイント以上貯められる人に最適なカードです。

ポイントが貯まりやすい高還元率ゴールドカード3選を紹介!

ゴールドカードは年会費が有料ですが、その分還元率も高いのが特徴です。

カードを使うほどポイントが貯まり、年会費以上のポイントを貯めることが可能。

クレジットカードで買い物する機会が多い人にはゴールドカードが適しています。

使えば使うほどお得になる「三井住友カード ゴールド(NL)」

三井住友カード ゴールド(NL)は、使えば使うほどポイントが貯まりお得に利用できるゴールドカード。

年間100万円利用すれば、毎年10,000ポイントの還元を受けられるほか、年会費が永年無料になり非常にお得です。

三井住友カードと同じく、大手コンビニ3社とマクドナルドの利用で最大5%のポイント還元を受けられます。

今なら新規入会と利用で最大13,000円相当のポイントがもらえるキャンペーンを実施中。

ゴールドカードの発行を検討しているなら、ポイントが貯まりやすくサービスも充実している三井住友カードゴールドを検討してみましょう。

「dカード GOLD」で携帯料金がお得に

dカード GOLD

dカード GOLDは年会費税込み11,000円で、還元率は1〜4.5%。ドコモユーザーだけでなくauやソフトバンクユーザーでもお得に利用できるカードです。

ドコモユーザーなら毎月の携帯料金やドコモ光の利用が税抜き1,000円ごとに10%のdポイントが還元されます。

例えば毎月の携帯料金が8,000円の場合、800円分のdポイントがもらえることになり、1年間で9,600ポイントをゲット。これだけで年会費分はほぼカバーできます。

通常では還元率1%ですが、dカードポイントUPモールを経由すると最大10.5倍の dポイントが貯まり、特約店ではポイントが1.5~4.5倍アップ。

ローソン・伊勢丹・ENEOS 1.5倍
マクドナルド・JAL 2倍
高島屋 2.5倍
JTB 3倍
スターバックスコーヒー 4倍
ドトールコーヒー 4.5倍

身近な店でもポイントが貯まるため、ドコモユーザーでなくても使いやすいカードです。

dカード GOLDは高還元率だけでなく他にも特典があります。

  • 家族カード1枚無料
  • 海外旅行保険最大1億円
  • 国内旅行保険最大5,000万円
  • 国内、ハワイの主要空港ラウンジ利用無料

空港ラウンジの利用回数は制限されておらず、何回でも無料で利用できます。頻繁に飛行機に乗る人は特に有効活用できるカードです。

Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD

Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD

Orico Card THE POINT PREMIUM GOLDは年会費1,986円(税込)で還元率は常に1%以上。入会後半年間は還元率が2%になる高還元クレカです。

オリコモールを経由してネットショッピングした場合、2.5%以上のオリコポイントが貯まります。

このカードはポイント還元率にくわえ、付帯サービスが充実しているのが特徴。

  • 海外旅行傷害保険が最大2,000万円
  • 国内旅行傷害保険が最大1,000万円
  • 国内の宿約22,000軒以上で最大90%オフ
  • 海外の宿約200,000カ所以上のホテルが会員特別価格
  • 全国約1,000カ所の遊園地とテーマパークが最大75%オフ

安全でお得に旅行やレジャーを楽しみたい人にぴったりです。

空港を利用する機会が少なくても、旅行でいろいろな場所へ出かける人にはOrico Card THE POINT PREMIUM GOLDが最適です。

ポイント還元率が高いクレジットカードを選ぶコツは?

クレジットカードを選ぶ時に、ポイント還元率の高さを基準にする人は多いでしょう。

クレジットカードをお得に使うには、ポイント還元率に注目しておくことが重要です。

クレジットカードでトクをするには、どうすればいいのか。ウエブサイト「クレジットカード還元率の鬼」の管理者の市川真也氏は、「使った金額に対して戻るお金の割合、つまりポイント還元率に注目すべき」と断言する。
引用元:1年で数万円が戻ってくる「還元率最強」カード

クレジットカードによって還元率がアップする店や条件は異なります。選び方のコツをマスターして、どんどんポイントをためましょう。

還元率1%以上のクレジットカードにする

クレジットカードの還元率は平均0.5%です。0.5%以上の還元率であれば高い方ですが、高還元率と呼ばれるのは還元率1%以上のクレジットカード。

還元率0.5%であれば200円の支払いで1ポイント、還元率1%であれば100円の支払いで1ポイント貯まります。

還元率という言葉を使わずに「200円で1ポイント貯まる」と説明されている場合もあるので、何円で1ポイントもらえるのか必ずチェックしましょう。

普段よく使うお店でポイントの還元率がアップするか

通常の還元率が1%未満でも、自分が普段よく使うお店でポイント2〜3倍になる場合も。

どのクレジットカードにも提携店や特約店があり、その店舗を使うと断然ポイントが早く貯まります。

通常の還元率が低くても普段よく使うお店の還元率がアップするのであれば、通常還元率が1%以上かどうかはそれほど重視しなくてもいいでしょう。

ポイントアップサイトの対象によく利用するサイトがある

楽天市場・ポンパレモールなどのポイントアップサイトでは、ポイントが2~15倍以上に跳ね上がるサービスが多くあります。

自身が保有するクレジットカードで利用可能なポイントアップサイトの中に、よく利用するサービスがあるかをチェックしましょう。

例えば楽天のサービスをよく利用するなら、楽天カードを持つのが最もお得。エポスカードのように独自のポイントアップサイトがあるなら、よく利用するサイトがないか事前にチェックしておくと、お得にネットショッピングを楽しめます。

還元率重視のクレジットカード選びにおける6つの注意点

高還元率のクレジットカードは基本的にポイントが貯まりやすいですが、だからといって還元率だけを重視してクレジットカードを選ぶと逆に損をする場合もあります。

事前に6つの注意点をチェックしておけば、自分に合ったクレジットカードが見つかります。

  1. 還元されたポイントの使い道が限られているカードもある
  2. 年会費がかかるカードは損になることもある
  3. ポイントには有効期限がある
  4. よく使うお店で還元率が高いかチェックしておく
  5. 最低交換ポイントが高いと使いにくい

還元されたポイントの使い道が限られているカードもある

ポイントの貯め方を知っていても、そのポイントが何に使えるかまで把握していない人もいるのではないでしょうか。

ポイントを貯めるには還元率だけでなく、使えるお店やサービス、交換できるポイントについて把握しておきましょう。

クレジットカードによっては、ポイントの使い道が限られており、せっかく貯めたポイントを使いにくいケースも。

提携サービスでしか利用できないなど、使い道が限られていると、貯めるばかりで使えないまま終わってしまう場合もあります。

自分に合った使い道ができてこそ、自分に合ったカードといえるので、発行前にポイントの使い道をよく考えてから申し込みましょう。

年会費がかかるカードは損になることもある

年会費がかかるカードは年会費無料のカードに比べて還元率が高くなる傾向です。しかし年会費は毎年かかるのが一般的なので、年数を重ねると大きな金額に。

ショッピングが好きでクレジットカードを頻繁に使う人ならば元は取れるかもしれませんが、クレジットカードの使用回数・金額がそれほど多くないのであれば、年会費は大きな負担です。

例えば還元率2%で年会費が2,000円かかるクレジットカードの場合、年間5万円の支払いをすると1,000ポイントが付きます。

1,000ポイントに対し、年会費が2,000円かかると1,000円分損する計算に。年会費の元を取ろうとすると年間10万円以上の支払いが必要です。

年会費がかかるクレジットカードはトータルで見ると損になるケースがあるので、そこまでクレカを使用しない人は、年会費無料で還元率が高いカードにしたほうがお得といえます。

ポイントには有効期限がある

クレジットカードのポイントには有効期限があります。ポイントが付与されてから1年以内が期限に設定されていたり、2~3ヵ月しか有効期限がない期間限定ポイントだったりすることも。

ポイントの有効期限
JCB CARD W ポイント獲得月から2年間
三井住友カード ポイント獲得月から2年間
エポスカード ポイント獲得日から2年間
楽天カード 最後にポイントを獲得した月を含めた1年間
リクルートカード 最終のポイント獲得日から1年間
Orico Card THE POINT 最後にポイントを獲得した月を含めた1年間

有効期限が過ぎてしまうとポイントが消滅し、せっかく貯めたポイントもゼロになってしまいます。

また有効期限にせかされて、それほど欲しくないものをポイントで購入してしまうこともあるでしょう。

無駄にしないためにも、還元率に加えてポイントの有効期限の長さもチェックしておくことが必要です。

よく使うお店で還元率が高いかチェック

コンビニやマクドナルドをよく利用する人なら三井住友カード、スターバックスコーヒーをよく利用する人ならJCBカードWのように、よく利用するお店に合わせてカードを選ぶのがベストです。

利用頻度が高い店で還元率が高ければ、ポイントはどんどん貯まります。逆にほとんど利用しない店で還元率が高くても、恩恵を受けられない可能性が高いため注意が必要です。

通常還元率を重視するより、よく使うお店での還元率の高さをよくチェックしましょう。

最低交換ポイントが高いと使いにくい

1ポイントから交換可能なクレジットカードもある中、最低交換ポイントが高いカードは利用者からしてみるとデメリット。

ポイントの有効期限が近づいているのに、交換できるポイント数に達していないケースも出てくるでしょう。

コツコツ貯めたポイントが使われないまま無効となるのは悲しいですよね。最低交換ポイントはできるだけ低いものを選ぶとよりポイントを使いやすくなります。

スマートフォン(QRコード)決済とクレジットカードの組み合わせでさらに高還元率に

クレジットカードとスマートフォン決済を組み合わせると、還元率がさらに高くなります。

楽天カード・dカード・VISA LINE Payクレジットカードを例にして考えていきましょう。

楽天カードと楽天ペイ
楽天カードと楽天ペイ

楽天カードの場合には楽天ペイ(スマートフォン決済)を利用して買い物をした時、楽天ペイ(還元率0.5%)+楽天カード(還元率1%) =合計還元率1.5%

楽天ペイと楽天カードを組み合わせただけで、楽天スーパーポイントがお得に貯まります。

dカードとd払い
dカードとd払い

d払い(スマートフォン決済)の残高チャージにdカードを設定すれば、還元率がアップ。

コンビニやスーパーなどの実店舗でd払いすると、0.5%が加算され、合計で1.5%の還元率になります。

実店舗でd払い…通常還元率1% +実店舗d払い 0.5% = 1.5%

ネットショッピングでd払いすれば還元率1%が加算され、合計で2%還元されます。

ネットショッピングでd払い…通常還元率1% +ネットショッピングでd払い 1% = 2%
VISA LINE PayクレジットカードとLINE Pay
VISA LINE PayクレジットカードとLINE Pay

VISA LINE PayクレジットカードとLINE Payを連携させると最大3%の還元率を狙えます。

過去6カ月間のLINEポイント獲得数によって、4段階のランク分けがされ1番上位のプラチナステージになると還元率3%が適用されるのです。

VISA LINE Payクレジットカードは通常でも還元率1%。プラチナステージになれなくても1%なら高還元率クレジットカードです。

スマートフォン決済独自のポイント還元とスマートフォン決済の残高チャージに特定のクレジットカードを使えば、ポイントの二重取りが可能。

クレジットカードをそのまま使うより高還元率を簡単に得られるのですから、やらないと損ですね。

スマートフォン決済とクレジットカードをうまく組み合わせてお得に買い物しましょう。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる