家族や会社にバレずに借りる方法とは?バレないカードローンと内緒で借りるための注意点

出費が重なりカードローンで借り入れしたいと思ったとき、消費者金融で借りている事実を家族や会社に知られたくない人も多いですよね。

どんな理由があったとしても、「お金に困っている」と思われると、今後の関係性にも影響を及ぼす可能性も。

結論を述べると、申し込みの段階で以下3つのポイントさえクリアすれば、バレずにカードローンで借りられます!

バレずに借りるための3つのポイント

  • 会社への在籍確認がないカードローンで借りる
  • 自宅への郵送物がないカードローンへ申し込む
  • ローンカードの発行なしで借りる

具体的に家族や会社にバレずに借りる方法を解説していくので、ぜひ参考にしてみてください。

目次

家族や会社にバレずに借りる方法は3つ!バレてしまう要因をクリアしよう

家族や会社に借り入れがバレてしまう要因は主に3つあります。つまり以下の3つさえクリアできれば、周りにバレるリスクを避けられることに繋がります。

バレる原因 解決策
会社への在籍確認(電話連絡)でバレてしまう 在籍確認の電話連絡なしで借りられるカードローンへ申し込む
自宅への郵送物を見られてバレてしまう 郵送物なしで借りられるカードローンへ申し込む
ローンカードを見られてバレてしまう カードレスで借りられるカードローンへ申し込む

具体的にどのような方法であれば、バレずにお金を借りられるのか解説していきます。

在籍確認なしで借りられるカードローンなら会社にバレずに借りられる

バレずに借りたいと考えている人にとって、最も懸念しているのが会社への電話連絡ではないでしょうか。

カードローンに申し込むと、融資をしても返済できるのかを確かめるため、ローン会社から勤務先へ電話連絡が来ることがあります。

これを「在籍確認」と呼び、ローン会社のタイミングで勤務先に電話がかかってくるため、電話を受け取った人に怪しまれてしまうことが多いのです。

カードローン利用時の在籍確認有無の割合を表すグラフ

実際に当メディアでアンケートを実施した際も「在籍確認があった」と回答した人が48%の結果でした。

一方で「在籍確認はなかった」「あったか不明なまま完了した」と回答している人も52%と半数以上の結果に。

在籍確認なしのカードローンを選ぶことで、会社への電話連絡を避けて借り入れしている人も半数以上いることになります。

自宅への郵送物なしにしておけば家族や親にバレる心配はない

家族にお金を借りたとバレる原因の多くは、自宅に届けられる「郵送物」です。

カードローン業者から送られる郵送物には、下記の書類が挙げられます。

郵送物の種類

  • 契約書
  • ローンカード
  • 利用明細書
  • 催促状(返済が遅れた場合)

最近ではペーパーレスの観点から書類の郵送を原則なしとしている業者も増えていますが、まだまだ書面での契約が必要なところも多いです。

回避する手段として、以下の流れで「郵送物なし」の契約を行いましょう。

  1. Web申し込みで契約
  2. 契約書をWeb上で完結させる
  3. ローンカードの郵送をなしに設定する

催促状は返済が滞った場合のみ届けられる書類なので、毎月の返済期間を守っていれば問題ありません。

カードローンの中でも特に消費者金融へ申し込む人は、バレたくない思いが強いはず。

そういう観点でみると、消費者金融は銀行以上に利用者のプライバシーに配慮しており、消費者金融からの郵送物とわからないように工夫を行っています。

その一例として、消費者金融の会社名をそのまま送り主として記載することはありません。

ローン名 差出人名
プロミス 事務センター
アイフル AIセンター
アコム ACサービスセンター
SMBCモビット MCセンター
レイクALSA SFセンター

ただし同時に記載されている住所で検索されてしまうと、消費者金融からの借り入れであることがバレてしまいます。

実際にプロミスから届いた封筒に記載されている差出人の住所(東京都江東区東陽7-1-2)を検索した結果、以下のように表示されました。

プロミスの住所の検索結果のキャプチャ

また封筒の中身を確認されると、消費者金融を利用したとバレる恐れがあります。

絶対に家族にバレたくないと思っているなら、郵送物なしのカードローンを選び、各種郵送物が届かない設定をした上で申し込みを行いましょう。

カードレスにすればローンカードによってバレるリスクを避けられる

カードローンで借り入れや返済をする際は、銀行のキャッシュカードのように、ATMで専用のローンカードを出し入れする必要がありました。

ローンカードを持っていると、財布の中身を家族や会社に見られた場合、消費者金融からの借り入れがバレる恐れがあります。

回避するには、Webやアプリで申し込みから借入までできる「カードレス」サービスの利用が必須です。

カードレスに対応しているカードローン
ローン名 カードレス対応
プロミス アプリローンの利用でカードレス対応可能
アイフル 受取方法で「カードレス」選択で対応可能
アコム アプリ利用で対応可能
SMBCモビット Web完結申込で対応可能
レイクALSA スマホATM取引でカードレス対応可能

ローンカードの代わりに、スマホアプリが必要となるので、Web申込後にダウンロードをしておきましょう。

バレにくい以外に、カードレスでの取引には以下のようなメリットも。

  • Web完結で手続きが楽
  • 郵送物が自宅に送られてこない
  • 返済もネットで行える

カードレスなら、ローンカードを使用している姿が見られたり、財布の中身を見られたりして借入がバレる心配もありません。

最寄りのコンビニでも借り入れ・返済できるようになるため、利便性の面でもおすすめといえます。

誰にも借入がバレないカードローンを厳選紹介!内緒で借りる手順も解説

誰にも借り入れしてるとバレないカードローンを厳選しました。

  • アイフル
  • プロミス

前提として、バレたくない人は消費者金融の利用がおすすめです。

銀行カードローンはまだまだWeb上での契約に対応していないところも多く、契約に書類が必要となる商品があるのも現状。

一方で消費者金融は、ローンを専門で取り扱っている強みを活かし、内緒で借りることに特化しているのがポイント。

中でも特に「バレずに借りる」ことに特化した3社について、内緒で借りる手順も合わせて解説していきます。

最もバレずに借りやすい「アイフル」

アイフル公式サイトをキャプチャした画像
公式サイト https://www.aiful.co.jp/
金利 3.0~18.0%
限度額 1万円~800万円
最短融資 即日融資も可能
無利息期間 30日間
Web完結
対象者 ・満20歳以上69歳までの方
・定期的な収入と返済能力を有する方
郵送物 Web完結ならなし

バレずに借りる手順

  • 公式サイトから申し込む
  • アイフル公式アプリをスマホにインストールする

郵送物やカードレス、在籍確認への対応と、最もバレずに借りられるのが「アイフル」です。

アイフルはWeb申込を選択し、公式アプリを利用すれば、郵送物もローンカードの発行もなしで利用できるカードローン。

また公式サイトでは「原則として在籍確認なし」をうたっており、会社にも家族にもバレずに借り入れから返済まで行えます。

審査にかかる時間も短く、最短25分で完了するのがポイント。

Web申込を利用しないと在籍確認が行われたり、ローンカードが発行されたりするので、申し込む際は必ず公式サイトを利用しましょう。

※お申込の状況によってはご希望にそえない場合がございます。

プロミスはアプリローンでバレずに借りられる

プロミスの公式サイトをキャプチャした画像
公式サイト https://cyber.promise.co.jp/
金利 4.5%~17.8%
限度額 500万円まで
最短融資 即日融資も可能
無利息期間 30日間
対象者 年齢20~69歳の本人に安定した収入のある方
Web完結
郵送物 Web完結ならなし

バレずに借りる手順

  • 公式サイトから申し込む
  • 「契約方法」で「WEBでご契約」を選択
  • 「書面の受取方法」で「プロミスのホームページにて書面(Web明細)を確認」を選択
  • 「金融機関口座でかんたん本人登録」を利用
  • 「カード発行希望なし」を選択

大手消費者金融である「プロミス」では、申し込みから借入までネットで完結できるのが魅力。

アプリローンを利用すればカードレスでお金を借りられるため、家族や会社にバレるリスクは少なくなります。

またローンカードを発行したとしても、申請者本人しか受け取れない「本人限定受取郵便」で自宅に届くため、中身を見られる心配がありません。

在籍確認を避けたいときは、Webから申し込んだ後にプロミスのコールセンターへ連絡して相談を行いましょう。

三井住友カードのカードローンなら借入だとバレにくい

三井住友カードカードローンの公式サイトをキャプチャした画像

公式サイト https://www.smbc-card.com/nyukai/loan/cardloan.jsp
金利 カードローン:1.5%~15.0%
カードローン(振込専用):1.5%~14.4%
限度額 900万円
最短融資 即日融資も可能
無利息期間 3ヶ月間
Web完結
対象者 満20歳以上~69歳以下で安定収入のある方(学生は除く)
郵送物 あり

三井住友カードのカードローンは、低金利で借り入れできるのが特徴。

返済実績に応じて金利の優遇もあるので、なるべく金利を抑えてお金を借りたい方におすすめのカードローンです。

カードレスに対応しておらず、自宅にカードが届きます。
三井住友カードは借入以外にも事業を展開しているので、自宅にカードが届いた場合でも、借り入れだとはバレにくいでしょう。

通常のお金を借りる手順と同様なので、三井住友カードカードローンの公式ホームページから申し込みをしてください。

バレずに借りるために注意しておきたいポイントとは?

借り入れがバレないカードローンへ申し込み、正規の手順を踏めば、よほどの限り周りにバレることはありません。

ただしふとしたことがきっかけで借り入れがバレてしまう可能性もあるため、特に注意しておきたいポイントをまとめました。

延滞してしまうとハガキが郵送される可能性がある

借入する際に最も注意すべき点が、返済の延滞をしないことです。

返済が遅れてしまうと、自宅に「延滞ハガキ」が送られてきます。

延滞ハガキは、返済期日が1日でも遅れるとローン会社から発送されてしまうので、毎月の返済期日には遅れがないように注意しましょう。

また延滞ハガキは送られる前に、「返済が遅れている」と消費者金融側から連絡が入るケースが多いです。

その電話を無視すると延滞ハガキが送られてくるので、万が一延滞した場合は消費者金融からの電話は取り、早めの返済を心がけましょう。

ローンカードが財布に入っているとバレる可能性がある

ローンカードを発行してしまうと、財布を見られたことがきっかけでバレる可能性があります。

実際に「彼氏がアコムとアイフルのカードを持っていたのですが、お金を借りているのでしょうか?」と不安に感じる口コミも見られ、ローンカードをきっかけにバレてしまうケースは少なくないといえます。

ローンカードで借入がバレないために、利用する時以外は他の場所で保管しておくのがおすすめ。

またカードで借入がバレたくない方は、カードレス対応している消費者金融を選びましょう。

バレずに借りられなかった場合のリスク

お金を借りていると会社や家族にバレた場合、どのようなリスクが考えられるでしょうか。

借入がバレた場合のリスクについて、会社・家族の観点から解説していくので参考にしてみてください。

会社にバレると昇進や社内の評判に響く可能性がある

たとえ個人が消費者金融からお金を借りていたとしても、それを理由に会社側から解雇される心配はありません。

ただしお金の管理ができていないと判断され、仕事能力に関して疑われる可能性はあります。

それにより出世が遠くなるリスクもあるので、注意が必要です。

会社でのイメージは悪くなりますが、消費者金融から借入する行為は法律上問題ないので、解雇理由にはなりません。

家族にバレた場合は信頼関係が失われるかも

お金を借りたと家族にバレた場合、今までの信頼が失われてしまうリスクがあります。

実際に妻に内緒で借り入れを黙っていた結果、離婚を切り出されてしまうケースも少なくなりません。

ただ内緒で借りるくらいなら、相談して欲しかったと考える人もいるので、打ち明けたほうが良い方向に転がるケースもあるでしょう。

後から借り入れがバレるリスクを考えると、早めに相談して一緒に悩みを共有したほうが傷は浅いかもしれません。

バレずに借りられなかった時の言い訳はどうする?

内緒で消費者金融からお金を借りていても、家族や会社にバレてしまう可能性はあります。

バレた時に活用できる言い訳を紹介していくので、参考にしてみてください。

会社にバレた時は急な出費が重なったと伝える

会社に借入がバレた場合、浪費が多くてお金を借りたと思われる可能性があります。

浪費が原因の借入は、当人の管理能力の低さが問題視されるリスクがあるので、「急な出費が重なった」と伝えるのがおすすめです。

例えば冠婚葬祭にかかるお金や入院費が必要になり、「手持ちの資金では足りなくなったから借りた」などの言い訳が考えられます。

どうしてもお金が必要になった時は、会社側も仕方がないと納得してくれるはずです。

会社に借入がバレた時を考慮して、事前に正当な言い訳を準備しておきましょう。

配偶者にバレた時は正直に伝える

パートナーに借り入れがバレた場合、生活費を共有していることから場合によってはかなり問い詰められる可能性があります。

借入した理由を変にごまかしてしまうと、関係が悪化する恐れがあるので注意が必要です。

消費者金融からお金を借りた理由について言い訳するより、正直に伝えたほうが納得してもらえます。

ただ理由や借入額次第では、夫婦生活が維持できなくなるリスクもあるので、借入する時は計画性を持って行動しましょう。

学生が親にバレた時はポジティブな言い訳をする

20歳を超えている学生であれば、消費者金融からお金を借りられます。

しかし借入が親に見つかってしまうと、心配する気持ちも含めて問い詰められるでしょう。

その時の言い訳は、できるだけポジティブな内容にしたほうが親も納得してくれます。

ポジティブな言い訳としては、「資格取得」や「免許取得」などが考えられるでしょう。

一度借入すると、学生のアルバイト収入では簡単に返済できないケースも多いので、親が納得できる理由は準備しておくのがおすすめです。

契約後にバレるリスクはある?

カードレスやWeb完結によって、バレずにお金を借りられたとしても、対応を間違えると借入がバレる可能性があります。

バレずに借りられても、途中で借入がバレる対応としては下記のような内容が考えられるでしょう。

途中で借入がバレるケース
  • 長期延滞
  • 利用明細
  • 引き落とし明細

具体的にどのような対応でバレるのか、詳しい内容を解説していきます。

長期延滞は催促の通知でバレる恐れがある

返済期日を過ぎると自宅に「延滞ハガキ」が送られてきます。

さらに延滞ハガキも無視していると、自宅に「催促状の通知」が届けられる可能性があるので注意が必要です。

消費者金融によって対応は異なりますが、滞納している期間が1ヶ月以上経過すると催促状の通知が届けられます。

催促状の通知が自宅に届くと、家族に借り入れを隠すのは難しくなるので、返済期日はしっかり遵守しましょう。

また延滞すると「延滞料金」も発生するので、余計にお金を支払う必要が出てきます。

利用明細は発見されるリスクが高い

コンビニATMなどで借入・返済取引を行った場合、利用明細が発行されます。

その利用明細を財布に入れていると、家族に財布の中身を見られた際にお金を借りたとバレるリスクがあるでしょう。

利用明細が発見されて借入がバレないために、下記のような対策が有効です。

利用明細が発見されないためには?
  • 利用明細はすぐに処分する
  • 金庫など家族が簡単に見つけられない場所に保管する
  • Webで借入・返済を行って利用明細が出ないようにする

自分ができる対応を検討して、見つからないように対策していきましょう。

基本的にカードレスの場合は利用明細が出ませんが、ローンカードで借入している方は注意が必要です。

銀行の引き落とし明細でバレる可能性がある

毎月の返済を引き落としにしている場合、銀行通帳に引き落とし明細の記録が残ります。

消費者金融の引き落とし名は、社名ではないケースがほとんどなので安心できますが、知識がある人やネットで検索をかければ消費者金融からの引き落としであるとバレてしまいます。

通帳もできるだけ、家族に見られない場所に保管するか、Webの通帳などを利用して手元に情報が残らないようにしておきましょう。

バレずに借りるならカードレスの消費者金融カードローンを利用しよう

家族や会社にバレずにお金を借りるなら、郵便物などが自宅に届けられないカードレスの消費者金融の利用がおすすめです。

カードレス対応の消費者金融は、「プロミス」や「アイフル」などが該当するので、自分が使いやすいと感じるところで契約してください。

「アコム」の場合はローンカードの発行が求められますが、自動契約機で対応してもらえるので、自宅に郵便物が届けられる心配はありません。

ただローンカードを財布に入れておくリスクがあるので、財布チェックされる場合は注意が必要です。

会社にバレた場合は、解雇される可能性はありませんが、管理能力が不足していると判断される恐れがあります。

借入で信用を失わないためにも、バレにくいカードレス対応の消費者金融の利用を検討してみてください。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる